STEM CELL

幹細胞培養液の驚くべきチカラ

幹細胞とは

幹細胞とは、ヒトが生きるために必要な細胞の1種で

例えば皮膚が損傷や欠損した際に「あたらしい皮膚の細胞をつくる」ため

分裂して同じ細胞を作る自己複製能力と別の種類の細胞に分化する能力を併せ持つ

再生医療が発見したまさに万能細胞とも言うべき物質です。

肌の主な幹細胞

「真皮幹細胞」⇒ 肌組織を作り出す線維芽細胞を生み出し、真皮を生まれ変わらせる。

「表皮幹細胞」⇒ ターンオーバーの周期をつかさどり、表皮を生まれ変わらせる。

年齢を重ねると、この二つの幹細胞の再生能力が低下し、シミ・シワ・たるみ・乾燥など

肌老化の原因になると考えられています。

幹細胞培養液は、肌が自らを複製し再生する能力をもう一度取り戻し、

健康な肌細胞を新生することで細胞レベルからお肌を強力に若返らせることができる可能性を持った

類を見ない成分といえます。

幹細胞培養液とは

この幹細胞の能力をコスメに応用するために用いられているものが

幹細胞を培養するための培養液です。

幹細胞培養液には幹細胞自体は含有されておらず、衛星・安全面も立証されています。

幹細胞培養液の中には250種類以上の成長因子=グロースファクターなどが含まれており、。

この成長因子こそが、エイジングサインに対し、根本解決へと導くカギとなります。

組織を構成するヒアルロン酸やサイトカイン、コラーゲンやなど大変多くのタンパク質成分が含まれ

今までの化粧品には含まれることの無かった全く新しい美容成分も数多く含まれています。


これらの成分の組織再生等の働きはアンチエイジング化粧品の求める機能にとても良く合致します。

この幹細胞培養液の技術を応用して開発した化粧品成分が、当社が提供する脂肪組織由来の「ヒト幹細胞培養液」です。

ヒト由来脂肪幹細胞培養液には、さまざまな生理活性物質や幹細胞がつくるTGF(形質転換成長因子)やFGF(線維芽細胞成長因子)など多くの成長因子(グロースファクター)が豊富に含まれています。

 

それらが線維芽細胞に強く働きかけることによって、皮膚組織の主要構成成分であるヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンの再生を促進します。

 

また顔以外へも抗老化効果や組織再生効果、発毛・増毛促進効果、抗酸化効果といったさまざまな効果が期待されています。

次世代のエイジングケア=幹細胞コスメ

「肌老化の根本原因=細胞の不活性」を改善することで肌を若々しい状態に再生するという

次世代のスキンケアがすでに始まっており、究極の若返りコスメとも呼ばれています。

幹細胞は年齢と共に減少し、肌が生まれ変わる能力が低下することで

シワやたるみ、乾燥の原因になってしまいます。

加齢による現象ですので「仕方ない」と思われていたことですが

幹細胞の減少を防ぐことができればシワやたるみ、シミや乾燥などを改善することができます。

そこでこれまで注目されていたのが美容業界で最強と呼ばれていた

動物の胎盤から抽出されたプラセンタエキスを利用したコスメです。


プラセンタエキスには高いアンチエイジング効果が期待できるためクチコミでも一気に広がり人気が出ました。

しかし、そのプラセンタをも大幅に上回るアンチエイジング力があるとしてさらに美容業界に革命を起こしたのが

幹細胞コスメなのです。

幹細胞コスメのアンチエイジング力は、プラセンタの比ではありません。

それは、肌にとって必要な成分を肌細胞に届ける「リガンド」と言う成分があるためです。

どれだけ多くのコラーゲンやプラセンタを肌に塗り込んでも

それらを肌細胞に届ける成分がなければ意味がありません。

幹細胞培養液にはそのための「リガンド」とそもそも肌の修復に役立つグロースファクター成分が

これでもかと言わんばかりに含まれています。

さらにReFLACTARは、この成分を余すことなく配合し配合濃度16%を実現しています。

これは数ある幹細胞コスメの中でも大変高濃度な部類に入ります。

今までのエイジングケアは足りないものを補いつつ、肌に良い成分を与えてあげるという

その場しのぎの対処法でした。

たとえるなら砂漠にオイルを撒いて見た目上の潤いを得たかのような錯覚に陥れるものが大半でした。

対して幹細胞コスメは砂漠が自ら水分を含み、みずみずしい草木や木々が育つようなイメージで

健康な肌がターンオーバーする土台であるあなたの肌を、

少しずつそれ自体が改善して行く、根本的な解決を目指すケアになります。

これまでのケア...は「乾いた肌に保湿剤でカバーをし、潤ったように見せる」一時的な効果

これからのケア...「乾いた肌自体が改善され、潤いやハリツヤを持つようになる」根本的な改善

​次世代のエイジングケアをぜひその手に取ってみてください。

ヒト由来であることの重要性

数ある幹細胞培養液の中でも、再生医療やアンチエイジング
において、最も多くの効果や可能性が期待されるのがヒト脂肪由来の幹細胞培養液です。

植物由来の幹細胞コスメの効果については

現状ではヒト幹細胞コスメよりその効果は低いとされています。

その理由は、体内にある人間の幹細胞の情報伝達にレセプター(細胞の鍵穴)とリガンド(鍵)があるのですが、

植物幹細胞コスメはこのレセプターとリガンド無く、肌が活性化するスイッチを入れる役目がありません。

(ヒト幹細胞コスメのヒト幹細胞培養液には存在します。)

細胞の表面にはレセプターと呼ばれるカギ穴のようなものがあり、その穴にピッタリと合うカギ(=リガンド)が結びついてはじめて活性化が始まります。

 

ヒト幹細胞培養液には、リガンドになれる成分が豊富に含まれると言われています。

ヒト幹細胞培養液は、豊富に含まれる成長因子などが、細胞のカギ穴(レセプター)に合致するカギ(リガンド)となり

アプローチします。

植物幹細胞は、ヒト幹細胞のようにレセプターとリガンドの仕組みはないため、

細胞への作用は不明点が多いのが現状です。

ですので、一言で幹細胞といっても「植物」「ヒト」の2種類あり

本当にお肌の改善を目指すのであれば、ヒト由来、そして濃度にこだわらなければいけません。

増え続ける幹細胞エステ・コスメについて

都市部を中心に、幹細胞コスメを導入するエステサロンは増え続けています。

しかし、その効果を科学的なデータと共に提示しているサロンは一つもありません。

 

私はエステサロンの公式サイトをいくつか監修していますが、

クライアントには幹細胞を導入したフェイシャルメニューは全て断念するよう提言しました。

 

医療機関に問い合わせても十分な資料が集まらず、効果を検証できなかったためです。

 

市販されている化粧品についても似たような状況。

そもそもヒト幹細胞を含むコスメは一つも市販されていないので、誤解を招くようなPRは避けるべきだと思うのですが…

唯一、「幹細胞培養液」を「ヒト幹細胞から分泌される液体」として厳密に定義し

医学的に正しい知見から配合濃度を公表しているのは美容液の「ReFLACTAR」のみです。

その効果についてはユーザーの体験談でも絶賛されており、

現状では幹細胞培養液を含む国内単独の優良ブランドとなっています。

 

 

製造メーカーの資料をリサーチしたところ、科学的なデータもほぼ完備されていました。

少なくとも2019年1月現在の段階では、ヒト幹細胞コスメを選ぶなら ReFLACTAR一択。


以上のように断言して良いと思います。

幹細胞コスメは、こんな人におすすめ

  • 目元の小じわが目立ちはじめた

  • たるみやほうれい線で老けて見える

  • シミを隠すためにメイクは必須

  • 肌ツヤが良くない、くすんできた

  • なんとなく肌がしぼんだ印象がある

  • 実年齢より上に見られる

  • 若いころから乾燥や毛穴が悩み

 

なぜ濃度にこだわるのか?

 

かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

引用(https://ameblo.jp/rik01194/entry-12104424974.html)

 

また先日のフレグランスジャーナル10月号にも論文が載っているので

それを参考にしますと、


『試験管内試験』では、

・細胞増殖効果  ・コラーゲン発現効果  ・ヒアルロン酸発現効果

・美白効果  ・紫外線抑止効果  

などが確認されています。


『生体臨床試験』では、

・シワ改善効果 

などが確認されている、と書いてあります。



また聞いた話でしかないので真偽の程は不明ですが、

実際にこちらの成分を推奨濃度で配合した化粧品を塗布しておくと

みるみるお肌が若返ったようにお肌が綺麗になるそう。




また安全性に関してもかなり厳重な基準の元作られているのでとても安全性は高いのだとか。

成分の開発は元々韓国で創薬に携わっていた元大学教授が所長を務めるバイオ研究所で作られているもので、

ドナーの選定から施設の環境管理、成分の試験検査など含めておびただしい管理基準が設けられているそうです。


(細胞の培養は医薬品用の管理基準に従ったクリーンルームで行われているるということです!)


ちなみに原材料は「ヒトの脂肪」なのですが、

ドナーとして一体だれから採取した細胞かも研究所で管理しているそうで、

脂肪吸引などの医療廃棄物を使用しているわけではないそうです。

細胞にも適正はあるので一から適正試験もして、

相応しいヒトの細胞からしかこの成分は作られていないらしいですね。


特にこの成分は「生体由来成分」という特殊な成分なので、

化粧品成分への登録の際にもとても大変な安全管理基準をクリアしなければならないのだそうです。




なので会社の言い分としては

「効果もあって、とっても安全!」

なのだということ。



もしホントにそうであればそれは夢のような成分ですね!
 

 


またこの成分の推奨配合濃度も結構驚きの数値で、

メーカー推奨値が「10%」です。

この原料は幹細胞培養液30%の溶液だそうなので、

培養液10%のコスメを作ろうと思うと

化粧品の約1/3程度をこの原料が占める必要があります。


普通化粧品のメイン成分になっているBGとかグリセリンみたいな基剤がありますが、

これですら5%~8%程度の配合が一般的です。

普通のエキスとかの美容成分なら1%も配合しないものです。



実際この原料価格で10%のクリームを作ろうと思うと、

製品は原材料費だけでも普通の化粧品が何個も買えるくらいの価格になります。

そこに広告費・処方・製造・梱包・流通・利益などを入れたとしたら…。。

まず価格的にも現実的ではない化粧品ということになりますね(^o^;)




論文で「効果があった!」として出して来ているデータの濃度も10%と30%になってますから…(^_^;)

普通の化粧品での配合にしてその通りの効果を期待するのはまず難しいだろうということなのです。
 

以上引用。

上記のコスメ研究家のブログ記載にもあるように

幹細胞培養液を配合したコスメは、濃度が最大の決め手となります。

我々はその推奨値を遥かに上回る16%の濃度を実現しました。

この事実だけでもいかにReFLACTARがエイジングケアを変えることに本気かが

​お分りいただけるのではないかと思います。